生理前の7日間、豆乳を飲むとやせる


食前に飲むとやせ効果がアップ!

豆乳は腹持ちがいいので、生理前の豆乳ダイエットでは、食事の前や間食の置き換えとして飲むことをオススメしています。
豆乳を食事の最初に飲んでおくと満腹感を得られやすいので、食べ過ぎを防ぐことができるからです。
飲み方は、ゴクゴクと一気に飲んでしまうよりかは、ゆっくり少しずつ飲む方がよいです。

 

豆乳を食前に飲んだ方がいい理由は他にもあります。

 

「GI値(グリセミック・インデクッス)」は、食品を摂取したときに血糖値がどれだけ早く上がるか、を示した値です。
この値が低ければ低いほど、血糖値が上がりにくいということになります。
一般的にGI値が55以下だと低GI食品と言われていますが、GI値が23の豆乳は、低GI食品といえます。

 

血糖値が上がると、体内にインスリンというホルモンが分泌されます。
インスリンは、血糖値を下げるために、血液中の糖をエネルギーに変えるのですが、このとき余った糖を脂肪として蓄積する働きもあります。

 

血糖値が急激に上がると、インスリンがたくさん分泌されます。
すると多くの糖が一気に処理されるので余ってしまい、脂肪として蓄積されることになります。
そのため、ダイエットをするには、血糖値をゆるやかに上げるような食べ方をするのが重要になってきます。

 

食事の前にGI値が低い豆乳を飲むと、血糖値をゆるやかに上げることができるのです。

 

特に、朝は血糖値が低くなっているので、起きてすぐに甘い菓子パンを食べると血糖値が急激に上がってしまうのでNG!
先に豆乳を飲むか、豆乳を朝ごはん代わりにするのがオススメです。

 

 

 

生理前以外に豆乳を飲んでもよい

痩せるために重要なのは、生理前の溜め込む時期に溜め込まずに抑えること
これまでダイエットに失敗し続けてきた人も、飽きっぽい人も、生理前の1週間さえ豆乳を飲み続けることができれば、痩せられるのが生理前豆乳ダイエット。

 

だけど、生理前だけにしか豆乳を飲んだらいけないのか?
そうではありません。
生理前に豆乳を飲むと痩せやすいのですが、生理前以外でも豆乳を飲むと痩せ体質になります!

 

 


関連ページ

生理前に豆乳を飲むとやせる理由
生理前に豆乳を飲むとやせる、という新しいダイエット方法が話題になっています。 生理前に豆乳を飲むダイエットのやり方はとっても簡単! 生理前に豆乳をいつ飲むか?生理前の7日間、豆乳を1日200ml飲むだけ!がルール。 では、生理前に豆乳を飲むとどうしてやせられのでしょうか?
生理前はダイエットに挫折しやすい時期
生理前は、体が妊娠に備えて、水分や栄養をため込もうとするので、ダイエットしている人にとって、一番挫折しやすい時期です。 生理前のこの時期、全身がむくみ、体が重くなります。 便秘気味になって、おなかにガスがたまって苦しくなることもあるでしょう。多くの女性がダイエットに失敗するのは、意思の弱さというよりかは、生理前の太りやすさが原因になっていることが多いのです。
生理前は太るからこそ豆乳を飲む
生理前に太るのは、自然の原理だから仕方がないことなので、ダイエットを諦めた方がいい、と思う人もいるかもしれません。 でも、生理前は太りやすくなるからこそ、やせるチャンスでもあります。
生理前に豆乳を飲むやり方
生理前に豆乳を飲むやり方は、いたって簡単! 生理前に豆乳をいつ飲むか?ですが、生理前の7〜10日間に毎日豆乳を飲むだけ!量は200mlです。豆乳は、なるべく「無調整豆乳」を飲むようにして下さい。それから、生理前に豆乳を飲むタイミングは、なるべくなら朝・昼・晩いずれかの「食前」に飲んで下さい。
豆乳のダイエットパワー
なぜ生理前に豆乳を飲むだけでやせられるのでしょうか?それは、豆乳に含まれる栄養素に秘密があります。まるで、豆乳は生理前の女性のためにある飲み物ではないかと思えるくらい、生理前に摂りたい栄養素がぎっしり!
生理前豆乳ダイエットに挑戦した結果1日目
生理前の7日間、豆乳を飲むと本当にやせるのか?効果ありか?効果なしか?を確かめるために、豆乳ダイエットに挑戦してみることにしました。 今日は記念すべき豆乳ダイエットに挑戦した結果1日目です。 というのも、この年末年始、1週間の暴飲暴食で2キロ増。久しぶりにはいたジーンズがきつかったというショックもあり、気になっていた生理前の豆乳ダイエットをついに実行!でも、年末年始がちょうど生理前1週間だったのですが、実家に帰省していたこともあり、スタートしたのが生理前ではなく、生理3日目になってしまいました。