生理前の前日に起こる頭痛はPMSかも!?


生理前 症状の頭痛を解消する

頭痛には2種類あります。

 

自律神経が乱れ、脳の血管が収縮して血流が悪くなることで起きる緊張性の頭痛と、セロトニンが減少することで脳の血管が拡張して起きる片頭痛です。

 

緊張性の頭痛

自律神経の乱れはエストロゲンとプロゲステロンの濃度が急増することが原因で起こります。
市販の鎮痛剤を飲んだり、リラックスして自律神経を休めたりすることで改善します。

 

片頭痛

セロトニンの減少は、妊娠せずエストロゲンが減少することが原因で起こります。
頭部を冷やすと痛みがある程度やわらぎます
市販の鎮痛剤は効かない場合があるので、その場合は受診して片頭痛の薬を処方してもらうとよいでしょう。

 

市販されている頭痛の薬には、バファリンやロキソニンがあります。
バファリンを飲んで効かない人でも、ロキソニンを飲むと効くという人が多いです。

 

生理が来る2、3日前から前日に毎月頭痛があるという人は、まさにPMSの症状の一つといってよいでしょう。
頭痛があると集中力がなくなって、何もやる気が起こらなくなりますよね。
早めに薬を飲んで改善しましょう。

 

生理前 症状の肩こりを解消する

自律神経系の乱れに、東洋医学で言うお血(おけつ)が起こり、肩こりが生じます。
お血とは、体内・血管に滞留している機能を失った血液で、乳酸など毒素がたまっている血液のこと。
血流障害とも言います。
お血は血液の乱れを阻害して炎症を発症させることもあるので、さまざまな症状を引き起こす原因にもなります。

 

また、代謝が悪い、長時間同じ姿勢でいるなども肩こりの原因になります。

 

お風呂にゆっくり入ったり、肩を回す、腕を回すなどして血行をよくするようにしましょう。
漢方薬は、お血を改善する駆お血剤の桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)などを使用します。


関連ページ

便秘・下痢
生理前は便秘がつらく、生理が始まると下痢をしてしまうことがあります。 生理前は、プロゲステロンが腸管内の水分を体内にため込むので、便が硬くなります。 また、ぜん動運動を抑制するので腸の働きが低下して、便秘になると考えられます。
異常な食欲
生理前に食欲が止まらない人は多いのではないでしょうか? この食欲の原因が何なのか?なぜ?と気になりながら、生理前だからまぁ、いっかと思いつつ食べてしまうんですよね。 生理前に異常に食欲が増す原因は、生理周期は体力をとても消耗するので、その前に身体が本能的に栄養をたくさん蓄えておこうとするから、と考えられています。 特に、甘いものがすごく食べたくなるのは、
めまい・吐き気
生理前の症状としてめまいが起こる原因は、ホルモンのバランスが崩れ、自律神経が乱れることが原因です。 回転性のものと船酔いのようなものの2種類があり、吐き気をともなうことも多いです。 生理前症状のめまいを解消するには、有酸素運動が効果的。
腹痛・腰痛
排卵後の身体は、生理に備えてたくさんの血液を子宮に送ります。 そのため骨盤内に血液が充血し、お血(おけつ)の状態となります。 生理前の症状として腹痛が起こる原因は、子宮の重量も増加するためで、腰が重くなったり痛くなったりします。 腹痛や腰痛をやわらげる方法は、マッサージをしたり、温めたり、身体を動かして血行をよくすることです。
寒気・のぼせ・ほてり
生理前の症状として、手足や下腹部の冷えがひどくなる人がいます。 手足や下腹部が冷えると、体全体に寒気がすると感じます。これは、自律神経系が乱れたり、お血によって血液が普段より鈍くなることが原因。お風呂にゆっくりつかって、心身をリラックスさせたりストレッチを行ったりすると改善されるでしょう。また、ほてりはお血が原因。 たくさんの血液が流れる首を冷やすと効果的に体温が下がります。